熟睡アラームが鳴らないときの対策 – Android OS編

スマートフォンの再起動をお試しください

OSが不安定でアラームが鳴らないことがあります。アラームが鳴らないと思ったら、まずはデバイスの再起動をお試しください。
確認できている現象としては、「指定時刻にアラーム停止画面は出るのに音が鳴らない」「アラーム停止画面の〔ストップ〕ボタンをタップしても反応しない」という感じです。このような現象では、アプリを再インストールしても改善しません。

最新版のアプリをご利用ください

熟睡アラームは、さまざまな環境変化に応じて発生する不具合に対応するためのアップデートを行っています。古いバージョンをお使いのままだと不具合によりアラームが鳴らない可能性がありますので、最新版になっていることをお確かめください。

アラーム音量がゼロになっていませんか?

デバイスの音量をゼロにしたことを忘れたせいで、アラームが鳴らなかったというのは困ります。ですから熟睡アラームでは、たとえデバイスの音量がゼロになっていても、アプリで設定したアラーム音量へ強制的に引き上げて鳴らします。
逆にいえば、デバイスのアラーム音量をいくら上げてもアラーム設定の音量がゼロになっていれば、アラームは鳴りません。意外にこの設定ミスは多いようです。

熟睡アラームをOSの省電力機能の対象外にしてください

OSの省電力機能が熟睡アラームの動作を阻害する場合があります。熟睡アラームを省電力機能の対象外にする方法は、こちらをご覧ください。

タスクキラーや節電アプリを利用していませんか?

タスクキラーや節電アプリが他のアプリ動作を阻害する可能性はあります(実際に熟睡アラームが阻害された事象は確認できていませんが、数多あるサードパーティーアプリをすべてチェックできないので、あくまで可能性として)。これらのアプリを使う場合は、熟睡アラームを対象から外すように設定してください。

プリインストールのアラームを利用していませんか?

プリインストールのアラームアプリが熟睡アラームを阻害することがあるのでご注意ください。具体的にはプリインストールのアラームアプリをONにするだけで、熟睡アラームが鳴らなくなるのです。唯一確認できたのはALCATEL製のIDOL2Sというデバイスですが、他のデバイスにも当てはまる可能性はあります。思い当たった方は、プリインストールのアラームアプリをOFFにしてみてください。

機種に応じた対策をお試しください

これが一番困った問題です。お使いの機種(あるいはメーカー)ごとに対策が異なるので、ご自身が使う機種と照らし合わせてご覧ください。

SONY製(Xperiaシリーズ)

STAMINAモードをONにするとアラームが鳴らないことがあります。STAMINAモードをOFFにするか、動作を制限するアプリから熟睡アラームを除外してください。

SHARP製(AQUOSなど)

「エコ技」機能が搭載されている機種では、「技ありモード」「お助けモード」をONにするとアラームが鳴りません。これらのモードを利用したい場合は、「省エネ待受対象リスト」または「制限しないアプリ」に熟睡アラームを加えてください。

FUJITSU製(Arrowsなど)/TOSHIBA製(REGZAなど)

マナーモードを「通常マナー」や「サイレントマナー」にするとアラームが鳴りません。マナーモードをOFFにするか「アラームONマナー」や「オリジナルマナー」を選択してください。

HUAWEI製(P9,P10など)

バッテリーマネージャーで熟睡アラームが保護対象外だとアラームが鳴りません。バッテリーマネージャーから〔保護されたアプリ〕を選び、熟睡アラームのスイッチをONにして保護対象にしてください。

LGエレクトロニクス製(isaiなど)

マナーモードを「サイレント」にするとアラームが鳴りません。マナーモードを「バイブレート」にするか、デバイスのサウンド設定から「通知の鳴動設定」を「重要な通知のみ鳴動」に変更してください。