熟睡アラームが鳴らないときの対策 – iOS編

〔おやすみ〕ボタンを押した後は操作しないでください

熟睡アラームでは、〔おやすみ〕ボタンを押したらデバイスを伏せて枕元に置くことを基本操作としています。〔おやすみ〕ボタンを押した後に、

  • ホームボタンを押す
  • 他のアプリを開く
  • 電源ボタンを押してスリープにする

とアラームが鳴らない場合があるのでご注意ください。

最新版のアプリをご利用ください

熟睡アラームは、さまざまな環境変化に応じて発生する不具合に対応するためのアップデートを行っています。古いバージョンをお使いのままだと不具合によりアラームが鳴らない可能性がありますので、最新版になっていることをお確かめください。

利用できないiPodサウンドがセットされていませんか?

iPodサウンドをアラームサウンドとしてセットすることは可能ですが、熟睡アラームが対応しないiPodサウンドをセットしてしまうとアラームが鳴りません。熟睡アラームが対応しないiPodサウンドは、アラームサウンドとして設定する画面でもプレビュー再生ができないので、iPodサウンドを設定するときには十分お気を付けください。

アラーム音量がゼロになっていませんか?

デバイスの音量をゼロにしたことを忘れたせいで、アラームが鳴らなかったというのは困ります。ですから熟睡アラームでは、たとえデバイスの音量がゼロになっていても、アプリで設定したアラーム音量へ強制的に引き上げて鳴らします。
逆にいえば、デバイスのアラーム音量をいくら上げてもアラーム設定の音量がゼロになっていれば、アラームは鳴りません。意外にこの設定ミスは多いようです。