クラウドサービスで引き継げる情報について

クラウドサービスに登録すれば睡眠の記録や設定がサーバに保存され、機種変更後のデバイスに引き継ぐことができます。ただし、機種変更後のデバイスに引き継げないものもありますので注意が必要です。
以下に、引き継げるものと何が引き継げないものをまとめます。

引き継げるもの

睡眠の記録

クラウドサービスの登録日に関係なく、熟睡アラームアプリに保存されている睡眠の記録すべてが引き継ぎ対象となります。日々の睡眠の記録は、記録を停止したタイミングで自動でサーバに保管されます。

アプリの設定

アラームの設定や共通設定など、最新の設定内容が引き継ぎの対象となります。ただし、共通設定の「睡眠記録中のスリープを許可」など、デバイスが変わると動作に影響がでる一部の設定は対象外となります。

引き継げないもの

アラームサウンドや熟睡サウンド

アラームサウンドや熟睡サウンドのサウンドデータは引き継ぎの対象外となります。機種変更したら、新デバイスで新たにサウンドをダウンロードしていただく必要があります。
仮に機種変更後のデバイスに熟睡アラームをサウンドごとコピーしたとしても、熟睡アラームはコピーされたサウンドを認識できない可能性が高いのでご注意ください。

購入履歴

iOSならApple ID、AndroidならGoogleアカウントが購入履歴を管理します(クラウドサービスのアカウントは購入履歴を管理しません)。機種変更前に購入したサウンドを機種変更後にも使いたい場合は、機種変更前のApple IDやGoogleアカウントを使い続ける必要があります。そして機種変更前のApple IDやGoogleアカウントを使い続ける限り、機種変更後のデバイスでは、再課金なしにサウンドをダウンロードしていただくことができます。

【ヒント】購入履歴を取得する

熟睡アラームのMENU→〔インフォメーション〕の画面の一番下に〔購入情報の復元〕あるいは〔最新の課金状態を取得〕というメニューがあります。もし、機種変更前のApple IDやGoogleアカウントを使い続けているのに課金済のサウンドの再ダウンロードができないときは、〔購入情報の復元〕あるいは〔最新の課金状態を取得〕をタップしてください。


NEXT:アカウント情報を変更する

関連リンク

クラウドサービスとは

クラウドサービスの新規登録

機種変更後のスマートフォンで記録を引き継ぐ