熟睡アラームが求めるデバイス権限

熟睡アラームがデバイスに求める権限を解説します。

Android版

以下は、各Androidアプリプラットフォームで共通する主要な権限です。Androidの設定から権限を個別にON/OFFすることも可能で、OFFにした場合は以下に示す機能提供が無効となります。

ストレージ

アプリでダウンロードしたアラームサウンドや熟睡サウンドを保存するために必要な権限です。

位置情報

デバイスの位置情報を取得するために必要な権限です。クラウドサービスのアカウント登録時に位置情報を取得します。熟睡アラームでは以下の2つの目的で位置情報を利用します。

  1. アプリユーザの属性調査に利用します。クラウドサービスご登録時に、日本国内なら都道府県を、日本以外では国名を取得します(都市名や番地などの詳細情報は取得しません)。属性調査は、今後ユーザの属性に適した睡眠提案をするための基礎情報として役立てられます。
  2. タイムゾーン調整に利用します。PCなどでjukusui.comを閲覧する際、デバイスの位置情報を基準にサイト内で表示される睡眠記録の時刻をご利用地域のタイムゾーンに修正します。

アプリが取得できた位置情報はインターネットを通じてクラウドサービスのサーバに送信されます。プライバシー情報の取り扱いについてはプライバシーポリシーをご覧ください。

電話

電話機の状態に応じて、アラームや熟睡サウンドの音量を制御するために利用する権限です。
例えば通話中にアラームが作動してしまうと会話の妨げになりかねません。このようなことが起きないように、熟睡アラームでは電話機の状態に応じて適宜サウンドの音量を下げる仕組みを導入しています。
電話帳を読み取る権限ではないので電話番号などの連絡先を取得することもありませんし、電話の通話履歴を取得することもありませんし、熟睡アラームから電話発信することもありません。

iOS版

以下はiOS版の主要な権限です。iOSの設定から権限を個別にON/OFFすることも可能で、OFFにした場合は以下に示す機能提供が無効となります。

メディアとApple Music

Apple Musicで購入したiPodサウンドをアラームサウンドや熟睡サウンドとして利用するためのアクセス権限です。

位置情報

デバイスの位置情報を取得するために必要な権限です。クラウドサービスのアカウント登録時にこの権限が求められます。熟睡アラームでは以下の2つの目的で位置情報を利用します。

  1. アプリユーザの属性調査に利用します。クラウドサービスご登録時に、日本国内なら都道府県を、日本以外では国名を取得します(都市名や番地などの詳細情報は取得しません)。属性調査は、今後ユーザの属性に適した睡眠提案をするための基礎情報として役立てられます。
  2. タイムゾーン調整に利用します。PCなどでjukusui.comを閲覧する際、デバイスの位置情報を基準にサイト内で表示される睡眠記録の時刻をご利用地域のタイムゾーンに修正します。

アプリが取得できた位置情報はインターネットを通じてクラウドサービスのサーバに送信されます。プライバシー情報の取り扱いについてはプライバシーポリシーをご覧ください。

ヘルスケア(オプション)

iOSのヘルスケアに睡眠記録(就寝時刻と起床時刻)を共有するために必要な権限です。熟睡アラームのMENU→〔共通設定〕→〔ヘルスケアと連携する〕をONにすると、この権限が求められます。