TOPICS

2018.02.21
Android OSiOS

熟睡アラームの気になる機能「スマートアラーム」って何だ?

熟睡アラームは、スマートフォンのセンサーを使って睡眠中の体の動きの観測し、睡眠状態を推測します。この技術を使って、アラーム時刻の前に睡眠が浅い(あるいは覚醒した)と判定されたタイミングでアラームを鳴らすのが「スマートアラーム」という機能です。

スッキリした目覚めが期待できる機能ですが、設定時刻通りにアラームが鳴って欲しいという方はスマートアラームをOFFにしてお使いください。
スマートアラームのON/OFFは、アラームリストに表示されているSmart Alarm ON/OFFの文字をタップするだけでも行えます。

スマートアラームは使いたい、でもあまり早くに起こして欲しくない...

スマートアラームであまり早く起こされても困るという方は、スマートアラームの判定時間を短くすることもできます。それがMENU→〔共通設定〕にある〔スマートアラーム設定〕です。

スマートアラーム設定の初期状態は30分(アラーム時刻の手前30分間が判定時間)です。つまり、初期状態ではアラーム時刻の30分前にアラームが鳴る可能性があるということです。
この設定は5分~2時間の間で変更ができます。スマートアラームを使ってみたい方は、この設定を変更して自分にあった値を見つけてみてください。

実は...

熟睡アラームは、アラームがONになっていれば、〔おやすみ〕ボタンを押さなくてもアラームが鳴ります。睡眠記録のない純粋なアラームアプリとしても利用できるのです。

そしてアラーム単体で利用する場合でもスマートアラームは有効です。アラーム時刻の手前から自動でセンサーが動き出し、睡眠状態の判定を始めます。
センサーは動いていますが記録はしていないので、睡眠の記録は残りません。